つれづれに

日常を あるがままに

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

冬へ 

芽室岳 F
秋から・・・冬へ・・・
9月27日 早朝何時もの様に、目覚め PCを開くと
 先週 銀仙台?高原温泉で偶然出会った旧友onodera氏よりメールが
 「芽室岳へ行きませんか?」
 「連れてって?」と即返信。
 早速「芽室岳」検索?幾度と無くブログ、ガイドブック等では訪れているが・・・ 
 まさか、明日 ・・・こんなにも早くに訪れる事が出来るなんて・・・
 想像出来なかった山。遠?い山。剣山小屋集合とのこと。
17時20分 興部発?遠軽?置戸?(初めて走るー芽登線)?士幌?鹿追?清水町
 清水町から帯広へ向けてJR御影駅を目指すが御影駅に看板は無い
 とにかく駅裏から山裾を走るが・・・どうも?・・・暗いのと・・・ナビが無いのと・・・
 剣山入り口の看板を発見したが
 寂しくなってきて・・・・携帯で宴会真っ最中のonodera氏へhelp!
22時位かな 剣山神社、小屋到着 299km 社務所みたいなところが小屋?
  懐中電灯を照らし人影見えている小屋の中へ・・・ホッツやっと着いたよ?
  宴会真っ最中の氏、仲間や既に就寝中の方々十数人はいるだろうか?
  小屋の中の雰囲気や臭いは何処か遠くの懐かしい記憶が感じられる・・・
  今日(30日)になってようやく想い出した・・・
  懐かしい記憶は高校時代にスキー合宿で訪れた
  小樽天狗山スキー場ジャンプ台側に当時有った小屋での記憶と
  十勝岳温泉白銀荘?(だったかな?)での青春の1ページの事。想い出すのに2日間もかかってし  まった。
23時40分 神社駐車場 車中泊

9月28日(日) 
04時40分 起床 晴れ 空は?なんだかスッキリした天気模様
       小屋内はそれぞれの山へ向かうべく慌ただしく準備を整えている。
       氏の仲間の方皆さんに改めてご挨拶、楽しい朝食を頂く。
       美味しいスパゲティーご馳走様でした。
       芽室岳登山口まで移動するが一度雄大な十勝平野に向かい進み(下り)・・・
       行く手(上り)には多少雲があるが山頂がうっすらと・・・・・見えるよ?
芽室岳ー2
       芽室岳登山口は既に数台の車が此処にも小さいが素敵な小屋が有る。WCも。水も。
07時 登山口発 芽室川源流にかかる丸木橋を渡り背丈ほどもある笹の道を進む・・・
    やがてイチイ(オンコ)の大木を通過して・・・
    いつまで続くやらこの坂は?(日高山脈にしては緩やかなほうだと後から知る事になる)
    ふんばって登っていくと・・・・・・
    見事な紅葉、黄葉、白樺と昨夜の雪が・・・・・・美しさに疲れを忘れさせるよ?
    眼下には十勝平野がバッチリ見えて・・・・・
芽室岳ー1
まるで紅葉、黄葉のトンネルを抜けるようで気分も
芽室岳ー3
   だが西峰を見上げると・・・アレレ
   でも見事な色彩の中を歩くって・・・気持ちが良いよ?!
   やがて雪がついた風が強くなり・・・
   分岐着?冬だ?!寒い!!ガッチリと着込む。
   凍てついたハイマツの中を山頂を目指す。
   先ほど追い抜いていった元気で明朗な高校球児が降りてくる。
   努力は報われるよ?栄光あれ!ファイト!!!
芽室岳ー6
   おっちゃんも元気を貰い「さー一踏ん張りだ?」
11時 芽室岳山頂に着いたぞ?
    「エビの尻尾」とはこの事か?
芽室岳ー7
    
   見事な「尻尾?白い花」が一面に・・・・・・
    幾度と無くゲレンデスキーでの山頂は経験があるものの
    今回の山頂は格別であり感激でもあり・・・
    展望は「今度という日」までお預け・・・・・・・。
    そそくさ下山
芽室岳ー8
   下山中振り返り見上げると本峰が見えた?!
   何時の日か?
   ただひたすらに下る
   
14時 無事登山口着

 お世話になりましたonodera氏と仲間の皆さんですよ。(分岐で)
芽室岳ー5
お世話になりありがとうございました。
いつもなら「とぼとぼ・・・よれよれ・・・」ですが
先週今週ととても楽しい山を満喫させていただきました。
また何処かへ
連れて行って?
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

しみず温泉 フロイデ 500円 弱アルカリ性に浸かり

22時少し前に無事 帰宅
秋を充分に堪能し冬を感じた山行きでした。


   




    
       
      
スポンサーサイト
登山  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。