つれづれに

日常を あるがままに

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

白鳥舞う 

7月12日(日) 誘いを受け 北海岳へ向かう
北海岳(2.149m)?お鉢平周回、縦走通過点ではあるが
黒岳ー北海岳ピストンは考えてもいなかったコースなのだが・・・・・

h1.jpg
霧に・・・・・ウムム・・・・・
早くも狭い登山道は「銀座」なみの渋滞?
h2.jpg
不安もやがて
h3.jpg
眩しい日ざしが・・花が輝き・・咲きほこり・・・雲海の中には山々がポッカリと現れ花の回廊をくぐり抜けると快晴の黒岳山頂。
多くの人が雄大な大雪の山々を堪能しています。
先を急ぎ石室まで・・・花の出迎えに・・・立ち止まり・・・。
h4.jpg
h5.jpg
北鎮岳に舞う「白鳥」に魅了されて・・・
山頂散歩の始まりですよ?。


h6.jpg
「晴れて良かった」 「来て良かった」 
はじめてのルートに不安も多少? 
北海岳を目指しましょう。
花の園が不安も忘れさせますよ。
h7.jpg
赤石川の徒渉?幾つかの雪渓を踏みしめて
h8.jpg
北海岳(2.149m)山頂

山頂で・・・何とトレーニングとかで数人のランナーが走り去ります・・・
待ち受けている無線機を持ったコーチと一言二言話しをして?たまげましたよ?
颯爽と走り去るのだから・・・・・・ね。
話が耳に入ります「向こう北鎮の雪渓は登れ」とか「白雲岳も行って来ても良い」とか?????


十勝岳で一人は見ていたけども・・・・・・ぶったまげたよ?。
彼ら凡人にあらず。
h9.jpg
つかの間の昼食だが「ガス」が立ちこめ・・・下山しましょう。
帰りは花々を愛でながら・・・風の如く抜き去って行くランナーに見とれながら
石室へ着き
ゆっくりとまったりと一時を過ごし
黒岳を目指します。


h10.jpg
そして無事に山麓駅へ戻りました。113.jpg
ランナー
超人(トレラン?クロカン?)の方達に声援を送れたし、花も満喫出来たし、白鳥舞う北鎮岳を見れたし、
大雪の山々の絶景に感動を そして元気を貰った一日でした。
ありがとう 感謝 また来るからね?
スポンサーサイト
登山  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。