つれづれに

日常を あるがままに

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

忘れ物? 

まずは本日(19日)も「♪雨だった?」
雨でドンヨリ?止んだかな?また 雨・・・・・ウンザリの日々なり。

8月16日(日) 昨年のブログ(8月24日?トボトボ ヨレヨレ?)
参照して頂けたらうれしいなぁ?
かれこれ40数年前に登ろうとした山?雄阿寒岳?に まるで忘れ物をしたみたいな気になっていた山(登れなかったのだからーやり残した事でもよかったのだけど)にそれを取り返そう?と思い続けていたのだけど
昨年に続き再度登ろうと・・・・・
天気予報はどこも雲マークで安定しない・・・ならばと期待をこめて・・・早めに 
早朝 ネットで天気予報を確認後 2時18分 発 ガスの中ひたすら走る・・・
新佐呂間トンネルも深いガスに包まれている
釧北峠からは阿寒湖も確認できず。
滝口登山口(5時30分着)には先着車1台、後から2台が到着
このころから徐々に晴れ間が。
IMG_0001_convert_20090819195626.jpg

暗くて鬱蒼とした登山口発 6時18分
記帳はおいらは3番目のはずなのだが?2番目の方(後から知ったーおいらが8合目に着いたときに既に下山してきた健脚な方です、1番手のトレランの方は山頂までは走って来ないで途中下山とか?どうりでヤタラ早いな?って感じたよ。ー事だが名古屋からマイカーで3週間道内の山巡りをするという?なんと羨ましいことか。)はどうも字を書くのが苦手なようだよ。
阿寒湖をあとに気持ちの良い森林浴を楽しみますよ・・・だがその気持ちは・・・
太郎湖に注ぐ阿寒湖からの清流の音を聞きながら進み・・・左手に次郎湖を眺めながらトドマツの密林には日が差してきて・・・
蜘蛛の巣
いつもの「山手線周遊」ではこの手の「蜘蛛の巣」は玄関先でおいらの頭にマツワリついて嫌々なんだけども「今日の君は輝いていますよ」・・この頃から汗が滴り落ちるよ?
ムシムシサウナの中で歩いている感じなんだよね。
立ち止まると「汗はダラダラ、アブはブーンブーンと襲って来るよ。」
でも気持ちが最高に良いよ?
やがて昨年風雨のため引き返した地点までクリヤー出来たよ。
タイムは昨年と同じだよ。
感じの良い登山道を黙々と・・・これが結構長い道のりですよ。
やがて絶景が?
IMG_0038_convert_20090819202307.jpg
来て良かった、登って良かった。天気もまずまずで(展望が良かったのはここまで)
しばし見とれるが残念ながら「雌阿寒岳」はその美しい姿は見られなかった。
ハイマツ回廊をくぐり前衛に伸びる瓦礫の道が現れる。
登り詰めると8合目?観測所跡地?着 ガスで残念
IMG_0058_convert_20090819202409.jpg
先を急ぐ・・・ここで山頂から降りてきた名古屋の方としばし話しを聞く。
忘れ物?念願の山「雄阿寒岳山頂」着 10時05分 視界不良
IMG_0062_convert_20090819202456.jpg
おいらの後からすぐに根室の方1人(同じ歳でやはり日曜日しか登れないのだと)と名も知らない方1人 その後Liさんが登って来る。
山頂で着替えをすませて食事後
10時40分 下山
果たして「忘れ物は?」自問自答しながらゆっくりと下るが・・・
後から来たLiさんと登山口迄「話を聞きながら」・・・・
無事 登山口着 13時40分 名簿にはこの日の人数確か12名かな?
字を書くのが苦手な方はそう多くはいまい。 
湖畔では釣りを(アメマス)している人、ザリガニを釣っている人(監視員が見回りに来ていて持ち帰りは御法度ですって、気をつけましょうね。)
ノドカですね?
駐車場でLiさん(ご本人の確認済みです。)IMG_0070_convert_20090819202610.jpg

名刺をいただく・・・なんと同歳・・・東京からで○ヶ月山巡りとか 
あちゃ?一つの山を東西南北からアタックするとか うへ?
山歩き、沢登り、クライミング とにかく季節を問わず堪能しているとか。
びっくり仰天だ?
Liさん山の話をありがとうございました。

登山口で着替えをして・・まるでスコールみたいな雨・・・野中温泉へ着くまで降っていました。・・・
有名な温泉なのですが初めての為
受付嬢?に「シャンプー、石けんは備えてありますか?」って口に出してから・・・
あわてておいらは「この頭じゃいらないけどさ」
でも受付嬢?は「シャンプー&リンスは150円ですが石けんは効きませんよ」だって
まじめに答えてくれました。
入浴料 \ 200円也 安いですね?
硫黄の臭いが立ちこめて良い湯でしたよ。
ポカポカでした。
湯には雌阿寒岳に登って来た斜里からの方と話。
なんでも雌阿寒岳はこの日40数名が登られたとか?
つきないですね?山談義?

さっぱり身綺麗になって初めてのオンネトーをのぞきましょう。
多くの人で賑わっていました。
残念ながら雌阿寒の姿も雲に隠れ、日も当たらず神秘さは今一ですが・・・・・
IMG_0072_convert_20090819202703.jpg
なるほど と 一人うなずき帰路につきました。
今度は雌阿寒岳だ?
今日の日に感謝

17日と18日Liさんからメールが届きました。「こちらへ寄る」との事です。
再会が楽しみだ?

17日 上田市のsakaさんから絵はがきが届きました。
ありがとうございました。ご一緒出来るようにおいらは体力作りをしますよ。






スポンサーサイト
登山  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://queserasera578.blog120.fc2.com/tb.php/118-c753cabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。