つれづれに

日常を あるがままに

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

遙かなる山?妙敷山(おしきやま)1.731m 

CIMG0410_convert_20100608142711.jpg
↑山頂で山座同定する隊長、yokoさんyuuさん

残雪のこの時期にしか登れないという(無雪期だと藪漕ぎが大変らしい。)妙敷山へ行って来た。

日高はなんせ遠すぎる・・・でも1昨年は9月末に芽室岳を登っているが山頂では雪、強風の為

展望を得ることが出来なかった。

遠い事と伏美岳登山口までナビがないおいらは時間の余裕をもちたいので

前日(5日 16時少し前発)浮島峠?三国峠?上士幌?芽室町へと向う

途中の滝上町の芝桜がとっても綺麗に映えていた。

この天気なら三国峠でおっぱい山や二ペソツ等が展望出来るか

期待して先を急ぐが(制限速度を遵守してね

三国トンネルを抜けると 霧で視界不良 残念 ガク

まあ途中ユニ石狩岳が展望出来たのだから良しとしょう。

三国峠着 18時20分

暗くなってからのベットメーキング(車内)はやっかいなのでここでしましょう。

いつもは素通りの糠平温泉なのだが後は寝るだけなので

ここで一風呂浴びましょう。

路上で風呂上がりのお姉さん(推定70歳より上)に「どこがいいですか?」

「ここが良いよ」って「中村屋」さんを勧めてくれた。

気持ちの良い応対、お風呂に満足〃 入浴料 500円也

20時20分 スタート 音更ツタヤで情報をゲット? 芽室町を目指します。

芽室駅裏の7イレブンで今夜の夕食と缶ビールを調達し

伏美岳登山口までの道を聞くと

一人のお姉さん(30代間違っていたらご免なさいよ。)が

「伏美に行くのは止めた方が良いですよ。今日羆が人を襲って亡くなったようですよ。」

って・・・なんだか心細くなってきた?。

どこいらへんで車中泊が良いかなァ?って進むが段々人家も無くなり・・・・霧が立ちこめてきて・・・

上美生の駐在所に灯りがついている・・・なんだかお巡りさんがいるよ。

「夜分すいませんが、伏見岳登山口へはどのように行けば良いのでしょうか?」

一人の親切な駐在さんが「時間なんか気にしないで、なんでも聞いて下さい、でも充分気をつけて行って下さい。すぐ 
そこで羆が人を襲って亡くなるという事件が起きたばかりですから・・・」 

どうりでこんな時間(22時30分くらい)に・・・・・。

親切な道案内をされ先を急いだのだが・・・登山口までの看板は霧のため見過ごすことに・・・

適当に入っていったが・・・あまりにも・・・薄気味悪く・・・道道まで戻り・・・

結果 人のいるであろう 中札内道の駅を目指す。

中札内への道すがら集会所に数台のパトカーが待避

23時15分 中札内道の駅到着 ホッツ。

非常に遅い夕飯、缶ビール 少々のウイスキーで明日のパノラマを夢見るように願い

6日 起床3時30分 霧 気温12℃ 夜中は随分暖かくて良い気持ち。

どんべいキツネうどんとおにぎりの朝食 コーヒーで元気いっぱい

5時18分 道の駅 発 登山口へ

途中霧も晴れ山の稜線がハッキリ展望でき心もウキウキ・・・道はこれで良いのだろうか?

昨夜の集会場は物々しい雰囲気 数台のパトカー、大型バス多くの車輌と人々が。

交通整理をしている・・・このようなのどかな田園地帯へも羆が出るのか?人家も学校もあるのに・・・

被害にあわれ亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

気持ちも新たに先を急ぎましょう

やがて「伏美岳登山口」までの看板が目に入る・・あ?あ 良かった。

携帯で旭川から向っているe-倶楽部 yokoさんへ連絡

5時55分 待ち合わせの「伏美岳登山口」着 
ここまで遠回りしたけど 走行距離 348.9km
CIMG0361_convert_20100608154352.jpg


天気も最高だ?


e-倶楽部の皆さん(隊長、yokoさんhiroさんyuuさん)と合流

10台くらい駐車。

7時20分 記帳をすませて出発

これが日高の山ならではの標高720mからの急登が始まる

CIMG0371_convert_20100608160238.jpg


汗が滴り落ちる・・・気持ちが良いよ?

1.380m 気温9.4℃  無風 アイゼンを履き雪渓上を一歩〃

やがて目指す頂が見えてきた?(左)
CIMG0384_convert_20100608154833.jpg
だけど・・・一超え二超えせにゃならぬ・・・ウヘ? 頑張りましょう 一歩〃

伏美岳直下1.480m付近からトラバースします。

CIMG0385_convert_20100608155147.jpg

コルまで後少し 雪庇をこえましょう。先行く隊長、yokoさん

CIMG0389_convert_20100608155445.jpg

後からhiroさんyuuさん

コルでは伏美岳から下りてきた多くの人とご挨拶です。

皆さんまたとない天気に上機嫌ですよ。「まるで楽園の散歩道」です。

11時55分 山頂着 見事な日高の山々が迎えてくれました。

気温19.5℃ 

CIMG0409_convert_20100608155827.jpg
あの山はこの山は・・あのカールとあのカールの間の山は・・・って隊長が教えてくれますが

おいらは見とれてしまい・・・酔いしれてしまい・・・何がなんだかわからないよ?。

初めてお目にかかるワンダフルワールドです。

写真等では見ていたけども・・・山頂の臭いと肌を優しく包む風(ほとんど無風なのですが)

魅惑の山〃を眺めながら昼食ですよ?缶ビールで乾杯!

タップリ1時間 至福というのだろうか?過ぎゆく時間を楽しみながら

13時 下山

CIMG0420_convert_20100608160014.jpg
帽子みたいな雲が・・・・・

さ?注意をしながら降りましょうね。

泥道で転ばないように・・・ね。

と言いながらおいらは転んだ。幸い尻ペタが多少汚れた程度。
そして 皆さん無事

15時25分 登山口着

麓はまるで夏・・・車は残念ながらクーラーが故障していたよ。

新嵐山でお風呂 入浴料 260円 沸かし湯にしても安くてありがたい、綺麗だし。

17時30分 ここで皆さんとお別れです。

また登りましょうね、ありがとうございました。

お互い気をつけて帰りましょうね。

余韻に浸りながら帰りましょう

上士幌から三国峠へと入った途端パンクした?

スペアタイヤに履き替えるが・・・これは困ったことになってしまった。

なんせ三国峠?浮島峠と難所でパンクでもしたら・・・あれこれ思案橋ブルース

時間は19時30分かな?上士幌まで戻りホクレンスタンドへ・・・

親切な社員の方が「タイヤの横に穴があいているから修理不可能です。新タイヤはサイズが有りませんし廃タイヤも処

分したばかりなので。近いところ(音更)まで戻ってタイヤ屋さんに行くか?でもこの時間だから閉まっているか?」

結果は教えていただいた通りスピードを控え遠回りな芽登線周りで帰りましょう。

24時ジャスト 無事帰宅 全走行距離665km 遠回りになったけど・・・・・。

途中

携帯電話が通じる所まで(置戸周辺)きて家に電話する

「あれやこれやあったのでいつパンクするかわからないのでパンクしたら迎えに来て欲しい」と

いろいろあったけど感動の山 親切な対応

すべてに感謝

e-倶楽部の皆さん、中村屋のご主人、7イレブンのお姉さん?、駐在さん、上士幌のホクレンスタンドの方


 ありがとうございました。

翌7日(月) 6日の朝刊を開くと

「クマに襲われ?女性死亡」とあり現場の地図も掲載されていた。
 
心からご冥福をお祈りいたします。

タイヤ?友人のタイヤ屋さんで廃タイヤを履かせてくれて一安心。

林道は要注意ですね。





















スポンサーサイト
登山  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

これだけ 綺麗な 風景を 見れて うらやましいです
 低温で 雪解けが 遅い分 熊が 人里に  来てるのかもしれませんね
  雪だらけだから ずいぶん焼けたのでは?
  それに ハプニングだらけでまた いい思い出に なるんでしょうけど
2010.06.08 Tue 18:26 : URL : 北海道のくま #- : 編集 :

北海道のくまさん

まさに天と地みたいな?ハプニングでした。大袈裟かも知れませんが良い想い出になりました。ハイ、陽にやけましたyokoさんお嬢さん方は日焼けクリームをつけていましたがおいらはせっかくの陽だから・・・とお構いなし。もったいないから。登山口近くになると虫さんに好かれてお陰様で虫さんのキスマークi-188?を沢山いただきました。お土産ですよ。痒いけどね。
2010.06.08 Tue 20:28 : URL : damerabbit #p6CkwyQg : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://queserasera578.blog120.fc2.com/tb.php/212-e80581db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。